休日はミニベロに乗って

趣味の自転車(特に小径車・折り畳み自転車)についてもっと知って、さらに楽しい休日を。このブログを通じて初心者サイクリストの輪を広げていきたい!

やっぱり、うちの相棒が一番!

私が一目惚れしたKHS F-20R
カラーは渋さ際立つFlat Black

f:id:Jack35:20161029171314j:plain

出典 http://www.khsjapan.com


このカワイイ相棒を私好みに育てていきます。

◆ ライト装着

CAT EYE HL-EL140

夜間ライドは想定していないので非常用。非常用と割り切れば不満はありませんが、正直、このライトでは暗すぎて夜間は走れません。


◆ リフレクター交換

CAT EYE 自動点滅テールライト TL-AU165-BS-GR

サドル下が最も目立つ場所ですが、サドルバックに占拠されてしまったので、バックステイに設置。薄暗くなると自動点滅、またしばらく振動を検知しないとオートパワーオフになる優れもの。お安いのも魅力。


◆ サドルバッグ装着

TOPEAK Mondopack Hydro(Quick Click)

ライド時の荷物はすべてここに収めたいので大型のものをチョイス。容量的には不満ないけど、詰めすぎると車重への影響は大きいので要注意。


◆ サドル交換

Selle An-Atomica TITANICO-T

これなしでは、私の自転車生活はありません。お尻の恋人。


◆ ボトルホルダー装着

TOPEAK Modula CageⅡ

実用性100点満点。もうちょっとカッコよければとは思う・・・。


◆ ペダル交換

SIMANO PD-T420

私にとって片面SPDペダルは最適。街中のちょっとした移動はフラット面がつかえるのですごく便利。ビンディングがないと不安定でイヤだけど、ガチの伝導効率を求めているわけではないので必要にして十分なビンディングペダル。


◆ サイクルコンピュータ装着

Suaoki サイクルコンピュータ

ケイデンスまで測定できてこの価格は破格以外の何物でもない。2つのセンサーが一体型ではないのでタイヤとペダルの離れているミニベロにも問題なく装着できる。


◆ タイヤ交換

Schwalbe ONE

451サイズでは最高級をいわれるこのタイヤ。確かによく転がる。値は張るけどスピードを求めるなら、これ一択か。

 

◆ フロントバック装着(ロングライド時のみ)

C3 SHOULDER-S-

ステーなしで取り付けられて、外せばショルダーバックになるので使い勝手抜群。輪行くなどのロングライドや、ちょっと荷物があるときなどに重宝します。



そして私の相棒はこちら【2016年10月現在】

f:id:Jack35:20161029171402j:plain

コンセプトは「公道最速ミニベロ_遠征仕様」です。

自転車の楽しみ方は100人100通り。正解も不正解もありません。
スピード最重視のひと、クラシックスタイルにこだわるひと、快適なライドが楽しめるバイクを追求するひと。さまざま。
だだし、コンセプトをはっきりしておかないと、チグハグな方向に行ってしまう可能性がありますよね。
バイクには徹底した軽量化を施す一方で、いろんなものを詰め込んだ重たいリュックを背負って走ってみたりまたは機動性重視のフォールディングバイクに便利アイテムを満載装備して、輪行する気にもならない重たいバイクになってしまったりと。
 
斯く言う私の愛車も、矛盾したバイクだとも言えます。
私は自転車に爽快さを求めてますが、それならロードバイクということになるでしょうし、ましてやフォールディングバイクなど重量を増やしているだけですからね。
だから、サーキット最速ではなく公道最速だし、遠征仕様という名の言い訳もつけています。
 
ちなみにこのネーミング、私の大好きな漫画「頭文字D」の影響を多分に受けております。あえて言うことでもありませんが・・・。
 
「公道最速ミニベロ_遠征仕様」に合ったカスタムか?
パーツ交換やアイテム購入の際は、頭をよぎらせるようにしています。
それでも物欲に負けることがあることは否定しませんけどね。



 

Copyright (C) 2016 jacknote.com All Rights Reserved.